北海道・函館高専にAI研究会

2019/8/20 20:00
保存
共有
印刷
その他

北海道函館市は20日、産学官連携で人工知能(AI)活用を目指す「はこだて未来AIビジョン」推進会議を開いた。函館工業高等専門学校は2019年度に学生主体のAI研究会を設立し、仮想現実(VR)と組み合わせた認知症の予防・リハビリテーションシステムの開発を進めていると報告した。

公立はこだて未来大学は、あらゆるものがネットにつながるIoTとAIを融合させた「北海道AI・IoTオープンイノベーション・プラットフォーム」を今秋始動させることを明らかにした。北海道立工業技術センターなどとの共同事業で、漁業や観光を含めた地場産業の生産性向上を支援する。

函館市はロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)による業務効率化などにAIを取り入れる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]