2019年9月21日(土)

ミネベア、負債の上限3000億円に設定 低金利を活用

2019/8/20 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ミネベアミツミは有利子負債から現預金などを引いた純有利子負債の上限を3000億円に定めた。2019年3月末時点では約200億円にとどまるが、資金需要が生じた場合は低金利を生かして社債や銀行からの借入金を積極活用する。

同社は、今後10年間に5000億~8000億円をM&A(合併・買収)に振り向ける方針を掲げている。負債の水準が3000億円までなら信用格付けが低下しないと判断した。日本格付投資情報…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。