北朝鮮取り締まり後手に 制裁逃れ手口巧妙化

2019/8/20 18:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北朝鮮産の石炭の密輸に関わった疑いのある貨物船の頻繁な日本寄港は、国連制裁に違反する輸出入の取引に日本が知らずに利用される懸念を浮き彫りにした。産地をごまかす迂回貿易や、積み荷を洋上で船から別の船に移す「瀬取り」の手口は巧妙化しているが、それに国際的な取り締まり体制が追いついていないのが実情だ。

北朝鮮にとって外貨獲得の手段となる石炭の輸出は2017年に禁止されたが、その後も違反の例が後を絶たな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]