/

アルトア、「自撮り」の本人確認で融資可能に

人工知能(AI)が審査するオンライン融資を手掛けるアルトア(東京・千代田)はスマートフォンアプリを活用し、自分の顔写真などを撮影して本人確認する仕組みを導入した。書類を郵送する必要がなくなり、初回利用時から最短で即日に融資を受けられるという。

本人確認サービスを手掛けるトラストドック(東京・千代田)が提供するスマホアプリを活用する。運転免許証などの本人確認書類と自身の顔写真をスマホカメラで撮影し、本人かどうかを見極める。顔を傾けるなど角度をつけた写真も撮影して、スマホの前にいる人物が書類の人物で間違いないかを高精度で確かめるという。

これまでは利用者が本人確認書類を郵送していたため、申し込みから融資まで最短でも2~3日かかっていた。アプリを活用すれば申し込みから4時間程度で融資を実行できるようになるという。

金融機関などの本人確認を定めた犯罪収益移転防止法(犯収法)の施行細則が2018年11月に改正され、アプリを使った本人確認ができるようになった。アルトアは17年12月にオンライン融資サービスを始めている。18年11月までの実績は257件で、約4億円を貸し出した。19年8月現在の申し込み実績は、すでに18年通年を超えているという。

アルトアにはオリックスと子会社の会計ソフト販売の弥生(東京・千代田)などが出資し、会計ソフト「弥生」を利用する企業に限って無担保の少額短期ローンを手掛けている。今後は他の会計ソフトを使う企業にも貸し付け範囲を広げる考えだ。

(矢野摂士)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン