/

高野下駅に駅舎ホテル 南海、11月開業

南海電気鉄道は20日、高野線の高野下駅(和歌山県九度山町)を改修した駅舎ホテルを11月初旬に開業すると発表した。宿泊事業を手掛けるキリンジ(大阪市)に運営を委託する。世界遺産の高野山まで参詣道を歩いて目指すトレッキングの拠点に整備して、観光客やインバウンド(訪日外国人)の需要を取り込む。

南海電気鉄道は高野下駅にホテルを開く

ホテル名は「ジ エクスペリエンス ステーション イン コウヤシタ(仮称)」。2人部屋と4人部屋の2部屋を備え、宿泊料金はともに1室3万1500円。飲食の提供はしない。客室から川や列車を眺められるほか、内装にはつり革など実際に使っていた電車の部品を活用する。

併せて高野下駅の隣の九度山駅(和歌山県九度山町)も改装する。かまどで炊いたお米で作ったおにぎりを提供する「おにぎりスタンド」を11月初旬に開業する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン