関電、値下げ効果一巡 企業顧客獲得鈍る 本社調査

2019/8/20 19:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社は関西の主要企業を対象に2019年度の電力調達調査を実施した。関西電力が原子力発電所の再稼働を機に2度にわたる値下げで18年度に大口顧客を大きく取り返したが、19年度に入り効果が一巡。顧客獲得の勢いが鈍っている。一部の原発はテロ対策施設の整備が間に合わず来年以降再び停止が見込まれており、先行きは楽観できない。

調査は関西に本社や工場、店舗を置く大手企業73社を対象に7月下旬~8月中…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]