/

この記事は会員限定です

裁判員裁判、否認事件で長期化目立つ 短縮に限界も

[有料会員限定]

制度導入10年を迎えた裁判員裁判で、審理の長期化が問題になっている。参加する市民の負担軽減のため短期間で判決を出すとされたが、特に被告側が起訴内容を全面否認する事件で審理が長期化しやすい傾向がある。専門家からは「重大事件では審理の短縮にも限界がある。対象となる事件を見直すなどの抜本的な対策も必要だ」との声も上がる。

最高裁によると、初公判から判決までの日数は制度の始まった2009年は平均3.7日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り902文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません