2019年9月15日(日)

今日も走ろう(鏑木毅)

フォローする

トレーニングは年齢に応じて 効率的に体使う

2019/8/22 5:30
保存
共有
印刷
その他

50歳でトレイルランニングの世界最高峰レース、UTMB(ウルトラトレイル・デュ・モンブラン)を目指すにあたり、体の動きのスムーズさを測定するテストを受けた。結果は予想をはるかに下回る数値で50~60代の一般男性のレベルにさえ到達せず、アスリートとしてはありえないものだった。UTMBで3位になってから10年、体力の衰えにあらがい、必死にトレーニングを積み重ねた揚げ句の厳しい現実にがくぜんとした。

原因は、もちろん老化もさることながら、脚力や心肺機能を維持するために追い込むことばかりを追い求めて体の芯まで疲労が蓄積した結果、とのこと。またランニングは単純な動きだが、それを長年繰り返すことで動きが硬直化し、体が凝り固まってしまったのも一因らしい。

これらを踏まえ、トレーニングの考えを改めた。長距離を走る能力を高めるよりも、今あるパワーを効率的に活用、最大限に発揮するのだ。関節のぎこちない動きやフォームのずれによるエネルギーロスを最小限にするために効率的に体を動かすジムトレーニングを繰り返し行う。また上半身と下半身の連動性を高めるために体幹の強化を再度メニューに取り入れた。

専門家に指導を仰ぎ、体幹と肉体の動きの連動を意識しながらトレーニング

専門家に指導を仰ぎ、体幹と肉体の動きの連動を意識しながらトレーニング

体幹トレーニングは一時ブームとなり、我流で行ったものの効果を実感できず断念したことがある。そのため今回は専門家からアドバイスを受けながら、一つひとつの動きがどの筋肉をどう使うのかに注意し、ランニングのどういった局面でどう生かされるのか、その意味を理解した上で丁寧に行っている。

我流では動きの正確さよりも、とにかく追い込むことばかり意識し、毎日2~3通りのメニューをこなして満足していた。今回は1回のメニューは苦しくない程度にとどめ、代わりに多種多様なメニューを行った。しばらくは何がどう変わったのかわからず懐疑的だったが、数カ月後のレースでタイムこそ変わらなかったものの、疲労感が驚くほどなくなり効果を実感できた。地道なエクササイズを繰り返しながら、無意識のうちに体を効率的に使えるようになったのだろう。

自己流で取り組んだこれまでの日々を随分無駄に過ごしてしまったようにも感じたけれど、遠回りをしたからこそ正しい道筋がはっきりとわかったともいえる。かつて実績を残した選手は自分の全盛期の方法論が絶対だと思い、なかなかそれを手放せない。私もまさしくそうだった。トレーニング理論は日進月歩の勢いで進化している。同じ人間でも年齢により体は変わり、かつての黄金の道筋もかえってあだとなることもあるに違いない。

年齢に見合ったトレーニング法を模索する作業は大変な苦労を要する。ただ、トレイルランニングの世界で自分より高齢でキャリアの長い人も少なく、自身の体を実験台にして試行錯誤し、トレーニングを考える日々は充実している。いずれは同じ道をたどるであろう後輩たちにこのノウハウを伝えることが楽しみだし、何よりもこの境遇にいられることに感謝しつつ、年齢と闘いながら毎日をすごしている。

(プロトレイルランナー)

今日も走ろう(鏑木毅)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

ランニングのコラム

コラム「美走・快走・楽走」

コラム「今日も走ろう」

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

今日も走ろう(鏑木毅) 一覧

フォローする
日の丸を持ってのゴールを思い浮かべ奮い立った(2008年UTMBを4位でゴール)

 東京オリンピック、パラリンピックまであと1年を切り、国際大会への注目度も高まるばかりだ。世界中のアスリートがしのぎを削るスポーツの祭典が本当に待ち遠しい。ここでスポーツとナショナリズムについて考えて …続き (9/12)

つらくても走り抜く意思は強固だ(2016年、チリ・パタゴニアのレース最終盤の補給所で)

 8月15日、今年も終戦の日が訪れた。この日が来ると亡くなった祖父を思い出す。祖父は30年前に79歳で亡くなった。陽気で話し好き。いつも昔話を楽しそうに語っていた。日本史、なかでも特に昭和史に興味があ …続き (9/5)

7月、UTMB本番コースの試走で

 UTMB(ウルトラトレイル・デュ・モンブラン)まであと3日。8月30日午後6時(日本時間31日未明)いよいよスタートだ。かつて3位になった世界最高峰のレースへ50歳で再び挑戦することを目標に足かけ3 …続き (8/29)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。