/

この記事は会員限定です

オリエンタルランドの株高 パーティー終焉の「鐘」か

証券部 佐藤俊簡

[有料会員限定]

東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランド(OLC)の株価が上場来高値圏にある。8月に入り世界的な株安の中で逆行高なのは好調な業績が背景にあるが、市場が注目するのはそれだけではない。リーマン危機など経済危機前に同社の株価は相対的に上昇した経緯があり、拡大が続いてきた世界景気の「パーティー」に終わりを告げる「鐘」を鳴らしている可能性がある。

「潜在的な景気後退が意識される局面では、相対的に底堅い業績...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1386文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン