2019年9月23日(月)

[FT]米政府の100年債発行構想、市場は冷ややか

FT
2019/8/20 16:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

金利の急低下を背景に、米国政府は償還までの期間が50年、さらには100年にも及ぶ超長期国債を発行する考えを表明したが、ウォール街からの反応は冷ややかだ。

債券相場が20年以上ぶりの高値をつけたことを受け、米財務省は16日遅く、償還期限が現状で最長の30年債を上回る超長期国債について、市場の投資意欲を改めて探る意向を示した。

世界最大の借り手である米国の「センチュリーボンド」(世紀債)発行構想は、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。