/

JERA・大ガス、米LNG生産開始

東京電力ホールディングス中部電力の折半出資会社であるJERA(東京・中央)と大阪ガスは20日、両社が出資する米テキサス州の液化天然ガス(LNG)事業「フリーポート」で、LNGの生産を始めたと発表した。当面は性能確認など試運転の段階だが、順調にいけば、今秋にも商業運転に入る。早ければ2019年内に最初のLNGが日本に到着する。

JERAと大ガスは液化プロジェクトに、それぞれ25%ずつ出資。年間232万トンずつ引き取る契約を結んでいる。

フリーポートで生産される製品は、LNGの契約で一般的な第三国への転売を禁じる条項が設定されていない。JERAと大ガスは生産したLNGを、国内の需給や市況をみながら、他国にも転売したい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン