愛媛大宇宙進化研究センター 持たざる研究、謎迫る
UPDATE 知の現場

大学
2019/8/21 7:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宇宙はどのように誕生し、進化したのか――。そんな根源的な謎に迫ろうとするのが愛媛大学の宇宙進化研究センター(松山市)だ。西日本では珍しい、宇宙物理学を体系的に学べる拠点として2007年に設立された。予算や人材の限られる地方大学ながら、近年はブラックホール分野を中心に目覚ましい実績を上げる。その秘密は知恵を絞った「持たざる研究」だ。

「データを分析すると、ブラックホールの周りに銀河の光が写っていま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]