REIT初の敵対的M&A 「みなし賛成」に疑問の声
30日に2つの総会、さくら総合はみらいとの合併模索

法務インサイド
コラム(ビジネス)
2019/8/21 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の不動産投資信託(REIT)で初の「敵対的M&A(合併・買収)」の是非を問う、2つの投資主総会が30日に開催される。スターアジア不動産投資法人が提案する、さくら総合リート投資法人の運用会社の変更をめぐり、委任状争奪戦が繰り広げられる。両者の争いが浮き彫りにしたルール上の課題を検証する。

Q 争いのきっかけは。

A さくらの発行済み投資口を持つスターアジア側が5月、運用会社のさくら不動産投資顧問が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]