/

ロシア、爆発事故後に監視装置停止 米紙報道

【ニューヨーク=吉田圭織】ロシア国内に設置されている放射線監視装置が同国北西部の海軍施設で起きた爆発事故後にデータ送信を停止したことが19日、明らかになった。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が、包括的核実験禁止条約機構(CTBTO)による分析として報じた。ロシアは同施設で新型の原子力推進式ミサイルの実験をしていたとされ、事故に関する情報を隠蔽しようとしているとの見方が出ている。

爆発事故が起きたロシア北西部の海軍施設(アルハンゲリスク州ニョノクサ)=ロイター

CTBTO準備委員会のゼルボ事務局長によると、8日に発生した事故後に計4カ所の放射線監視装置がデータ送信を停止した。CTBTOはロシアなど世界各地に核爆発に伴う地震や放射線物質を分析する施設を置き、監視活動を行っている。

米政府は事故の原因をロシア軍が開発中の原子力巡航ミサイル「ブレウェストニク」の発射実験の失敗と分析している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン