/

この記事は会員限定です

IoT市場、サービス業に拡大 23年に100兆円突破へ

ファストリ、瞬時に検品・在庫確認

[有料会員限定]

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」ビジネスが急拡大している。2023年の世界市場規模は日本円換算で100兆円を突破し、18年実績比で1.8倍に拡大する見通しだ。導入が先行してきた製造業に加え、消費や物流などのサービス分野にも裾野が広がる。モノに取り付けたセンサーなどを通じて、膨大なデータが入手可能になるためだ。こうしたデータの活用がもたらす変化は「第4次産業革命」とも呼ばれ、世界の企業が対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3012文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン