病院から逃走の男を公開手配 警視庁、韓国籍の64歳

2019/8/19 20:01
保存
共有
印刷
その他

窃盗容疑で逮捕後に釈放された男が治療中の病院から逃走した問題で、警視庁は19日、男を住居・職業不詳、韓国籍の金沅基容疑者(64)と明らかにし、同容疑で公開手配した。金容疑者は財布を持っているとみられ、JR中野駅(東京・中野)行きのバスを利用したという。警視庁は情報提供を呼びかけている。

金沅基容疑者(警視庁提供)=共同

金容疑者は肋骨などを骨折し、本人の希望で車椅子を使っていた。18日にトイレに行った際、付き添いの警察官に「ラウンジにメモ帳を忘れたから取りに行って」と嘘を言い、警察官がラウンジに向かった隙に走って逃げた。

手配容疑は13日午後2時20分ごろ、東京都中野区の飲食店に侵入し、現金8万円を盗んだ疑い。店員が発見し、金容疑者を取り押さえた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]