天皇ご一家、那須で静養 夏恒例

2019/8/19 19:53
保存
共有
印刷
その他

愛子さまの手にトンボが止まり、笑顔を見せる天皇、皇后両陛下と長女愛子さま(19日、栃木県那須町)=代表撮影

愛子さまの手にトンボが止まり、笑顔を見せる天皇、皇后両陛下と長女愛子さま(19日、栃木県那須町)=代表撮影

天皇、皇后両陛下と長女、愛子さまは19日、静養のため、東北新幹線で栃木県に入られた。那須町の那須御用邸付属邸に10日ほど滞在される。静岡県下田市の須崎御用邸での静養とともに、ご一家の夏の恒例となっている。

那須塩原駅に到着されたご一家は、集まった市民らと交流。天皇陛下は「暑い中、ありがとうございます」と声を掛けられた。

ご一家はその後、那須御用邸内の休憩所「嚶鳴亭(おうめいてい)」周辺を愛犬の由莉と一緒に散策。陛下は報道陣に「山の空気を吸ってゆっくりできればいいかな」と話された。愛子さまは「高校生活最後の夏休みを満喫したいと思います」と笑顔を見せられた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]