2019年9月20日(金)

近畿マンション、7月は発売戸数1788戸 18.1%増

2019/8/19 19:11
保存
共有
印刷
その他

不動産経済研究所(東京・新宿)が19日発表した7月の近畿2府4県のマンション発売戸数は前年同月比18.1%増の1788戸だった。大阪市内で大型タワーマンションが売り出された。低金利が続き消費者からの需要は高く、契約率は83.1%と9.1ポイント上昇した。好不況の境目となる7割を大きく超えた。

大阪市内の供給増(58.5%増の970戸)が大きく貢献した。市内を除く大阪府では、北摂のほか値ごろ感のある堺市のマンションも人気で、発売戸数は59.7%増の404戸だった。兵庫県下での供給減(41.9%減の204戸)などを吸収した。

ホテルとの土地争い激化などに伴う地価の上昇で、マンション価格も上がっている。1平方メートルあたりの単価は76万円と28年ぶりの高値となった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。