新幹線のお盆利用、北関東圏は横ばい JR東

2019/8/19 19:05
保存
共有
印刷
その他

JR東日本は19日、お盆期間(8月9~18日)の輸送状況を発表した。北関東圏では新幹線の利用者数が2018年の同時期からおおむね横ばいだった。在来線では沿線イベントの影響で利用が増えた。

東北新幹線(大宮―宇都宮)の利用者数は156万9000人だった。「祝日が前年よりも1日多かった」(JR東日本大宮支社)こともあり、前年同期から0.4%増えた。大きな輸送障害もなく、運転状況もおおむね順調だったという。

上越・北陸新幹線(大宮―高崎)の乗車人員は135万7000人と1.3%減った。JR東日本高崎支社は「台風10号の接近により一部で利用を手控えた可能性がある」とみている。

JR常磐線の特急「ひたち」「ときわ」の利用者(我孫子―土浦)は5.8%増の32万人。国内最大級の邦楽フェス「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル」の開催日数が1日増え「東京方面から水戸方面の利用者が増えた」(JR東日本水戸支社)ようだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]