/

知的障害者事故巡り和解 遺族と施設側、名古屋高裁

愛知県安城市で2013年、重度の知的障害がある鶴田早亨さん=当時(28)=が施設を抜け出し、食べ物を喉に詰まらせ窒息死した事故を巡り、遺族が施設を運営する社会福祉法人「聖清会」(同市)に約7200万円の賠償を求めた訴訟は19日、名古屋高裁(始関正光裁判長)の控訴審で解決金の支払いなどで和解した。

原告側弁護団によると、和解内容は事故について施設側が謝罪、再発防止策を実施するとともに、解決金を支払うというもの。金額は非公表としている。

遺族側は施設側の過失と健常者と同等の逸失利益の認定を求めたが、今年2月の一審名古屋地裁判決は「施設側に安全配慮や注意義務の違反はなかった」として請求を棄却、逸失利益については判断を示さなかった。

弁護団は「一定程度の逸失利益も認められたと認識している」とし、原告で鶴田さんの兄の明日香さん(39)は「まだまだ健常者に届く内容ではなかったが、周囲に助けられ得られた結果。弟も喜んでくれると思う」と話した。

一審判決によると、鶴田さんは13年3月、職員がそばを離れた隙に施設を抜け出し、近くのスーパーで陳列されたドーナツを口に詰め込んで窒息死した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン