/

全日空、国際線燃油サーチャージを10月値下げ

全日本空輸(ANA)グループは19日、国際線旅客の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を10月の発券分から値下げすると発表した。燃油価格の指標としているシンガポールケロシンの市況価格が下がったため。9月末発券分までは日本発の北米や欧州行きで片道1万4000円の上乗せとなっているが、同1万500円に値下げとなる。

同日、国土交通省に燃油サーチャージの改定を申請した。日本航空(JAL)も近く同様の改定を申請する見通し。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン