QBハウス、増税後も料金据え置き

2019/8/19 18:04
保存
共有
印刷
その他

キュービーネットホールディングスは19日、ヘアカット専門店「QBハウス」の料金を10月の消費増税後も据え置く方針を明らかにした。2019年2月のカット料金引き上げで減った客数の回復をまずは優先させる。

消費増税後も料金を1200円に据え置く

同日に開いた19年6月通期の決算説明会で北野泰男社長が表明した。QBハウスは2月、料金を税込み1080円から1200円に引き上げた。これに伴い値上げ後の客数は2%減った。

当初想定の6%を下回ったものの、増税に伴う値上げはさらなる客離れにつながる可能性があると判断した。

料金を据え置くことで売上高にあたる売上収益は10~12月期が前年同期比9400万円減、20年1~6月期も同1億9000万円減を見込む。

19年6月期の連結決算は純利益が前の期比22%増の12億円だった。売上収益は8%増の208億円だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]