2019年9月18日(水)

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
9月17日 146.387 +0.606

[PR]

商品ニュース

東京製鉄、契約価格据え置き 9月分

2019/8/19 17:42
保存
共有
印刷
その他

東京製鉄は19日、9月契約分の鋼材価格を8月契約と同値に据え置くと発表した。据え置きは2カ月連続。国内市場でH形鋼などの建築系鋼材は荷動きが回復しつつある一方、鋼板類はなお在庫の多さを解消できていない。同社は秋の需要期に向けた荷動きの盛り上がりを見極めて、今後の契約価格を判断する。

秋の需要期に向けた荷動きを見極める

契約価格はH形鋼が1トン8万5000円、ホット(熱延)コイルが1トン6万9000円、厚鋼板が1トン7万9000円など。

今村清志常務は「盆休み明け直後としては、足元の秋需に向けた荷動きはややゆっくりだ」と指摘した。一方で「ハイテンションボルト不足などでこれまで停滞していた中小建築物向けの需要が7月以降出始めるなど市場環境は好転しつつある」と期待を示した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。