2019年9月18日(水)

お盆の新幹線・特急利用客3%減、JR九州

2019/8/19 19:40
保存
共有
印刷
その他

JR九州が19日まとめたお盆期間中(8月9~18日)の利用状況によると、九州新幹線(博多―熊本間)と在来線特急の利用客数は、曜日を合わせた前年同期比3%減の約82万5千人だった。7月下旬時点の予約状況は昨年を上回っていたが、台風10号の接近で列車を運休した15日の利用客が約7割減となったことが響いた。

博多と釜山を結ぶ高速船ビートルは47%減の3728人。台風による欠航もあったが、韓国人客が約7割減と落ち込んだ。「反日感情の高まりによる影響が大きい」(JR九州高速船の北海昭営業部長)とみている。

JR西日本によると、山陽新幹線の関門通過時点の利用客数は94万3千人で1%減。台風で15日に新大阪―小倉間を終日運休したが、利用客が前後の日に振り替えるなどし、微減にとどまった。

ソラシドエア(宮崎市)が19日まとめたお盆休み期間(9~18日)の搭乗者数は4.1%減の6万1415人だった。搭乗率は5.7ポイント低下し83.8%だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。