ピープル・パワー革命~サインLを掲げて

池上彰
2019/8/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

いまから30年余り前、フィリピンで独裁政権を倒した民主化運動がありました。その原動力は「ピープル・パワー」と呼ばれた無名の人々の力でした。「ラバン(闘う)」を意味するLのサインがシンボルでした。今回の現代史をめぐる旅では、時代を動かした人々の歩みや日本とのかかわりを振り返ります。

約2000万人がスラム街に

フィリピンはいま、東南アジアの成長国の一つです。国土面積は日本の8割ほどで、大小7000…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]