阿波おどり、初の民営「成功」 後半中止で赤字1億円
運営総責任者・前田キョードーファクトリー社長に聞く

2019/8/20 6:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

徳島市の阿波おどりの運営を民間として初めて担った共同事業体の総責任者、前田三郎キョードー東京取締役兼キョードーファクトリー社長は日本経済新聞社に対し、今年の事業は「成功した」との評価を示した。台風の影響で4日間の日程のうち後半2日が中止となったため収支は「1億円近い赤字になった」とした上で、「来年からは祭りの収支構造の改革に乗り出す」と語った。

――今年の運営をどう評価しますか。

「自己評価で8…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]