2019年9月16日(月)

浅間山のレベル引き下げ 山頂から2キロは警戒継続

2019/8/19 16:55
保存
共有
印刷
その他

気象庁は19日、浅間山(群馬、長野両県)の噴火警戒レベルを「入山規制」の3から「火口周辺規制」の2に引き下げた。8日以降新たな噴火はなく、火山活動が低調に推移していると判断した。山頂から約2キロの範囲では引き続き大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼び掛けた。

浅間山は7日夜に小規模噴火し、噴火警戒レベルが「活火山であることに留意」の1から3に引き上げられた。マグマの噴出を伴わない「水蒸気噴火」とみられ、群馬県側で降灰もあった。

気象庁によると、19日までに新たなマグマの上昇を示す地殻変動はなく、火山性地震や火山ガス(二酸化硫黄)の放出量もやや少ない状態で、山頂火口から約2キロを超えて影響を及ぼす噴火の可能性が低くなったと判断した。

また気象庁は19日、浅間山の警戒レベル判定基準を改定した。山体の膨張など火山活動の高まりを示す変化がある中で起きた小規模噴火は従来通りレベル3とする一方、今回のように変化がみられない状態での小規模噴火は2とする。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。