/

この記事は会員限定です

羽田新発着枠、全日空13.5便で最終調整 国交省

日航は11.5便

[有料会員限定]

国土交通省は羽田空港の新飛行ルート開設に伴う来年3月の国際線発着枠の増加で、全日本空輸に1日13.5便、日本航空に11.5便割り当てる方向で最終調整に入った。日航への公的支援が競争環境をゆがめたとして、近年は全日空に優先配分してきたが、今回は輸送実績などを反映させる。航空会社の経営に大きなプラスとなる羽田発着の国際線は、既存分を含めると全日空が優位な状況が続く見通しだ。

羽田の国際線の発着枠は年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り603文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません