神奈川県鎌倉市がメルカリ・メルペイと協定 災害時の寄付金支援など

2019/8/19 16:24
保存
共有
印刷
その他

神奈川県鎌倉市は19日、フリーマーケットアプリのメルカリと包括連携協定を結んだ。災害時の寄付金送付や高齢者の終活支援にアプリを活用する。協定にはメルカリ子会社でスマホ決済サービスを手掛けるメルペイ(東京・港)も参加。市内飲食店などにキャッシュレス導入を促す。

鎌倉市内で災害が起こった際にメルカリのアプリを通じて市役所に寄付金を送る仕組みを構築する。アプリで出品した商品に寄付金を一部上乗せして販売する方法や、寄付金を一商品として出品する案が考えられる。新システムの作成が必要かなどを今後検討していく。

高齢者には終活の一環としてアプリの利用を促す。いらなくなった家具や嗜好品を出品することで、将来廃棄される物を減らし、持続的な利用につながると期待する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]