/

楽天ウォレット、暗号資産の現物取引を開始

楽天の子会社で暗号資産(仮想通貨)交換業を手がける楽天ウォレット(東京・世田谷)は19日、仮想通貨の現物取引を開始したと発表した。「ビットコイン」「イーサリアム」「ビットコインキャッシュ」の3種類の仮想通貨を扱い、スマートフォンから24時間、取引ができる。

顧客の仮想通貨はすべてインターネットとつながっていない「コールドウォレット」で管理することで安全性を確保する。顧客が仮想通貨を売買する際は、楽天ウォレットが自己取引として売買し、その後に顧客口座と突き合わせて反映させる仕組みを導入した。

19日から米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」向けのアプリの配信を始めた。iPhoneの「iOS」向けは9月上旬の配信を予定している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン