2019年9月16日(月)

パラリンピックの風

フォローする

車いす陸上・鈴木朋樹 打倒2強へ加速力磨く
ロンドンマラソンで表彰台

Tokyo2020
2019/8/22 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

障害者スポーツの祭典、2020年東京パラリンピック開幕まで25日であと1年。様々な困難を乗り越え、己の限界に挑み続けるアスリートの姿は見る者の共感を呼ぶ。

車いす陸上で中長距離を専門とする鈴木朋樹(25、トヨタ自動車)は、東京パラリンピックでの活躍が期待される若手の注目株だ。男子800メートル(T54)の日本記録を持ち、今年4月のロンドンマラソンでは日本勢最高の3位に食い込んで世界を驚かせた。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

パラリンピックの風 一覧

フォローする
自己ベストは8メートル48。五輪でも金メダル争いが可能なレベルだ共同

 マルクス・レーム(ドイツ)は世界で最も名が知られているパラアスリートだろう。パラリンピック陸上男子走り幅跳びの、片足膝下が義足のクラスで2012年ロンドン、16年リオデジャネイロと金メダル。8メート …続き (9/12)

杉浦は2017、18年と世界選手権で優勝、一躍東京パラリンピックの金メダル候補に名乗りを上げた(6月、静岡県)

 開幕まであと1年に迫った東京パラリンピックの自転車競技で金メダルを期待されるのが、48歳の杉浦佳子(楽天ソシオビジネス)だ。3年前に自転車で転倒し高次脳機能障害を負いながら、パラに挑戦すると2017 …続き (8/29)

8月初旬のジャパンオープンで再びリオデジャネイロ五輪女王を破るなど成長著しい


 パラ卓球に現れた“シンデレラ”が古川佳奈美(22、博多卓球道場)だ。昨年10月に行われた世界選手権の知的障害クラス女子シングルスで、2016年リオデジャネイロ・パラリンピック覇者に勝って銅メダルを獲 …続き (8/23)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。