銀座・京都に新型ホテル、隈研吾氏が攻める理由

コラム(テクノロジー)
2019/8/28 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「自分でホテルを経営してみたらと若い人には言っているくらい」とホテルデザインの仕事に入れ込む建築家の隈研吾氏。国際的なライフスタイルブランドのホテルを複数手掛け、2020年以降開業が相次ぐ。この分野を「攻める」理由とは。隈氏に聞いた。

■日本のホテル「失われた半世紀」

──「東京エディション」(虎ノ門、銀座)や「エースホテル京都」など、注目を集めるホテルプロジェクトを複数手掛けています。日本のホテル

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]