2019年9月16日(月)

中国で相次ぐ銀行経営難 当局主導で救済 錦州銀は大手行が出資

金融機関
2019/8/20 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=原田逸策】中国で銀行の経営難が相次いで表面化し、当局主導で支援する動きが広がってきた。内モンゴル自治区に本店を置く包商銀行を5月に公的管理下に置いたほか、7月には遼寧省を地盤とする錦州銀行への大手国有銀行の出資が決まった。山東省の恒豊銀行も政府系ファンドが支援する方向。地方の疲弊が背景にあり、中国経済は成長鈍化と金融リスクの二重苦を抱える。

「包商銀行のやり方とは全く異なります。国家主導…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。