1000円食パン、名古屋で競う モーニングの地深掘り

2019/8/20 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1000円前後の高級食パンの「あつい」戦いが繰り広げられている。舞台は名古屋市だ。名古屋は喫茶店の「モーニングサービス」が根付き、敷島製パンやフジパンが本社を構える、いわば日本屈指のパンの町。大阪発祥の専門店「乃が美」や地元有名店「い志かわ」も加わり、群雄割拠で市場を深掘りしようとしている。

名古屋中心部の繁華街、栄地区にある松坂屋名古屋店に3月、食パン専門店「ポール・ボキューズ・キャレ」が開業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]