脱サラして地域へ 培った技能、起業・新天地で輝く
シニアパワー いきいき働く(上)

2019/8/20 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

企業を退職したり、子育てが落ち着いたりした後に、培った知識やノウハウを生かして社会で働く「アクティブシニア」が増えている。首都圏ではシニアの起業や就業を後押しする官民の動きも活発化してきた。人口減もあり人手不足が続くなか、地域や経済の重要な担い手と期待される「シニアパワー」を追った。

「大宮の名産品を作りたい」。ニコンで技術職として働いていた菊池俊秀さん(63)は50歳を過ぎた時、第二の人生を考…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]