勝負はこれから

フォローする

西武ひと筋・栗山、じっくり積んだ100号の味わい
編集委員 篠山正幸

2019/8/20 5:30
保存
共有
印刷
その他

18年間、プロ野球の西武ひと筋でプレーしてきた栗山巧(35)が通算100号に到達した。1本の本塁打より、2本、3本の安打の方がうれしいと話すが、ライオンズの伝統を受け継ぐチームの顔の記念碑には、やはり味わい深いものがある。(記録は18日現在)

8月11日のロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)。2-2の八回、左腕、松永昂大の初球をたたいた打球が、右中間への決勝2ランとなった。この日、山川穂高に代わって4番に入った中村剛也が、2死から四球を選んで生まれた好機。相手にとってもダメージの大きい一撃だった。

11日のロッテ戦で通算100本塁打となる6号2ランを放つ栗山=共同

11日のロッテ戦で通算100本塁打となる6号2ランを放つ栗山=共同

2005年4月13日のプロ1号は日本ハムの鎌倉健投手からだった。「スライダーだった。今日のような右中間への打球だったと思う」。以来1814試合をかけての100号となった。

要した試合数では横浜(現DeNA)、広島でプレーした石井琢朗・現ヤクルトコーチの2202試合に次ぐ、史上2位のスロー記録となった。02年のプロ入りから起算すると、18年をかけての3桁到達だ。

強豪、兵庫・育英高で1年生のときからレギュラーだったという栗山は01年のドラフト4位で指名を受け、入団3年目の04年のシーズン最終戦でデビューした。

初めて規定打席に達した08年、片岡治大(現巨人コーチ)、中島宏之(現巨人)らとともにリーグ優勝、日本一を勝ち取った。その優勝メンバーが一人、また一人と去っていくなか、豪打の中村と好対照をなす巧打で、西武の屋台骨を支えてきた。

昨年は08年以来のリーグ優勝を果たしたものの、クライマックスシリーズでソフトバンクに敗れ、日本一の夢を断たれた。後輩たちとともに、もう一度頂点に立ちたいという思いが、クラッチヒッターの「ここぞ」での執念を生んでいる。

栗山の打者としての怖さは選球眼など総合的な部分にあって、その特長として、本塁打より通算859四球という数字を挙げるべきかもしれない。これは四球王にもなっている中村の695個を上回っている。

稲尾さん譲りの言葉「善敗己由」

ホームラン打者ではない栗山にとって、100号という数字はさほど重いものではないかもしれず、安打を何本も打つ方がうれしい、というのもわかる。100号のスロー記録だとかいわれても、どう反応していいのやら、といったところだろう。

だが、栗山には入団前から、ライオンズとのちょっとした縁があり、そのユニホームをまとい続けた結果の区切りの1本という意味では、感慨深いものがあるのではないか。

栗山の通算100号は年月と打席数をかけて、じっくり積み上げたところに値打ちがある=共同

栗山の通算100号は年月と打席数をかけて、じっくり積み上げたところに値打ちがある=共同

「善敗己由」(ぜんぱいおのれによる)という言葉がある。中国の古典に由来するもので、いいことも悪いことも、原因は自分にある、という意味らしい。不断の努力の貴さを教えるものでもあるだろう。

栗山が大切にしているこの言葉は、ライオンズの大先輩である鉄腕、稲尾和久さん譲りのものだ。

子供のころ、父親が稲尾さんから「巧君へ」としてもらってきた色紙に書いてあったという。

1956年からの3年連続日本一など、一時代を築いた前身の西鉄ライオンズ、そしてそのエースだった稲尾さん。その縁に導かれるようにして入団した西武で積み重ねた100本。その一本一本が、先達の哲学を受け継ぎ、新たな歴史をつむぐものだったと考えれば、むしろ年月と打席数をかけて、じっくり積み上げたところに値打ちがある、ともいえる。

通算安打は1798本。2000安打については「まだまだ先。『目標』(といえるくらい)になるよう、ヒットを積み重ねたい」と話した。先はまだ長いが、ライオンズのユニホームだけを着続けた打者として初の2000本達成にも期待したい。

勝負はこれからをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

電子版トップスポーツトップ

勝負はこれから 一覧

フォローする
米大リーグ挑戦についての記者会見を終え、ポーズをとる巨人の山口俊投手(中央)。左は原監督、右は今村球団社長(18日)=共同共同

 1998年、日米球界間の移籍の新たな「通路」として導入されたポスティング(入札)制度はフリーエージェント(FA)権を獲得する前の「旬」の選手のメジャー挑戦を可能にする一方、日本プロ野球の空洞化をもた …続き (11/26)

野球には見るものに思わず「アウト」「セーフ」と言わせるような気迫に満ちたクロスプレーもある(「プレミア12」の日本―ベネズエラ戦)=共同共同

 野球の判定に、どこまで「機械の目」を導入すべきか――。改めて考えさせられる場面が、ナショナルズとアストロズが“世界一”を争った今年のワールドシリーズで見受けられた。
 2勝2敗で迎えた第5戦(10月2 …続き (11/12)

来季からヘッド兼打撃コーチに就任する小笠原道大さん(右)と日本ハムの栗山英樹監督=共同共同

 侍の魂が、日本ハム・清宮幸太郎の飛躍をもたらすか――。中日の2軍監督を退任、14年ぶりに古巣に復帰し、ヘッド兼打撃コーチとなる小笠原道大さん(46)は現役時代、「言い訳無用」といった「剛の者」の香り …続き (10/29)

ハイライト・スポーツ

[PR]