2019年9月17日(火)

8人の展示を一時中止 国際芸術祭、20日から

2019/8/19 10:13
保存
共有
印刷
その他

愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で企画展「表現の不自由展・その後」が中止となった問題で、自身の作品の展示中止を求める声明を発表していた外国人作家9人のうち、8人の出展が20日から一時中止されることが18日分かった。実行委員会がホームページ(HP)で明らかにした。

9人の作品は不自由展とは別の展示に出されている。HPによると、展示を一時中止する8人のうち、2人は展示室を閉鎖、6人は内容を変更する。1人は対応を協議中という。

実行委によると、9人は不自由展が再開されるまで、自身の作品の展示を中止するよう求めていた。

芸術祭では韓国人作家2人が不自由展中止への抗議として出品を一時取り下げ。米国の報道機関の展示も中止された。

芸術祭の芸術監督でジャーナリストの津田大介さんは18日、高松市で「瀬戸内国際芸術祭2019」の対談企画に参加し「来場者を人質に取るような芸術、文化へのテロリストの要求に屈した」と述べた。

冒頭で津田氏は「(中止に関し)情報発信が不十分との批判は理解しているが、公の場で話そうとすると現場に負担がかかってしまうジレンマがある」と語った。

津田氏は中止の理由は3点あるとし、日韓関係の悪化、政治家の直接的な抗議、脅迫的な内容の電話が関係のない部署や協賛企業に殺到したことを挙げた。

津田氏と対談したアーティストの村山悟郎氏は、あいちトリエンナーレに作品を出展。他の作品に関し事前に十分な説明がなかったとして「作家の知る権利が侵されている」と苦言を呈した。

愛知県は芸術祭の担当部署などに届いた「ガソリンを散布して着火する」といった770通のメールについて、威力業務妨害容疑で県警に被害届を提出している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。