/

この記事は会員限定です

高波 動物学者 今泉忠明

[有料会員限定]

その日、私は小さな沢の奥から出てくるはずのニホンカワウソを四国は足摺岬の近くの海岸で待っていた。フィリピン沖に台風が発生したことは知っていたが、波はいつものように2メートルくらい。暗くなってからは赤色光を点灯し、海を背にして石の上に腹ばいになってカメラを手にしていた。

カワウソは渓流に魚やエビが少ないと海で漁をする。1970年代、ニホンカワウソは絶滅が危惧されており、調査中に何回かカワウソに遭遇し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り461文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン