/

米高官「グリーンランドは要衝の地」 買収構想認める

【ワシントン=中村亮】米国家経済会議(NEC)のクドロー委員長は18日のFOXニュースのインタビューで、デンマーク領グリーンランドの買収構想が政権内で浮上していると認めた。天然資源が豊富な点などをあげて「要衝の地だ」と強調した。実現のハードルは高いが、トランプ大統領が9月上旬に予定するデンマーク訪問時に取り上げる可能性がある。

クドロー氏は「不動産買収に精通した大統領が検討を望んでいる」と語った。1946年に当時のトルーマン大統領もグリーンランド買収に乗り出したと指摘した。ロシアや中国が北極進出を強めていることを念頭にグリーンランド買収は米国の国益と合致するとの見方をにじませた。米国防総省は中国がインフラ整備などを通じてグリーンランドに接近していると懸念を強めている。

米メディアによると、トランプ氏は最近数週間にわたって買収構想を口にしているが、周辺は冗談なのか真意を測りかねているという。グリーンランド自治領政府は「グリーンランドは当然ながら売り物ではない」と表明しており、買収実現の可能性は低い。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン