/

この記事は会員限定です

マツキヨ選んだココカラ社長、ネット処方薬に備え

[有料会員限定]

ドラッグストア大手ココカラファインの塚本厚志社長は日本経済新聞のインタビューに応じ、経営統合の交渉先にマツモトキヨシホールディングス(HD)を選んだ理由として「商品開発力を評価した」と述べた。スーパーやネット通販との業態間競争が激しくなり、経営統合が必要だと判断したという。医薬品市場もデジタル化の流れが業界再編を左右しそうだ。

「マツキヨHDの商品開発力に期待している。医薬品や化粧品はカウンセリングが必要な商材で実店舗の強みになる。研究開発は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1917文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン