人手不足、米欧でも 技術活用で省力化は先行
エコノフォーカス

2019/8/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米欧の労働市場が、少子高齢化による人手不足に悩む日本と似た様相を示してきた。米国では今後10年ほどでベビーブーム世代の4200万人もの労働者が職場を去り、団塊世代の大量退職が進んだ日本を追いかける。人手不足を補う省力化の新技術を活用する動きも勢いづいており、「課題先進国」といわれる日本が課題の解決では先を越されかねない。(ニューヨーク=大島有美子)

「いつも忙しい」。日曜の午後、米小売り最大手、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]