2019年9月23日(月)

プロ野球

筒香がプロ通算200号 DeNA連敗5で止める

2019/8/17 23:30
保存
共有
印刷
その他

一回1死無走者。初対戦となる広島のモンティージャは190センチ、115キロという大型左腕だったが、DeNAの2番・筒香は迷いなく打席に立った。初球の154キロを難なく中前にはじき返し、連敗中は繰り出せなかった先制攻撃の口火を切った。

【17日のプロ野球 結果と戦評】

二回、筒香が右中間に通算200本塁打となる2ランを放つ=共同

二回、筒香が右中間に通算200本塁打となる2ランを放つ=共同

二回の第2打席がこの日のハイライト。4球目の直球を目いっぱい振り抜くと高々と上がった打球は右中間席に。体感したことのない球筋に対しても「いける球に強くスイングするだけ」と涼しげな表情を浮かべた。

リードを5点に広げる一発は、史上105人目となるプロ通算200号。手渡された「200」と書かれたボードを両手で掲げ、ホームスタジアムを青く埋めたファンに頭を下げた。「小さい頃から携わってくれた色々な方に感謝したい」

プロ10年目の今季、チームのためにという姿勢が一段と強まっている。三塁を定位置としていた宮崎が8月上旬に左手のけがで戦線離脱すると、ラミレス監督から代役に指名された。

5年ぶりとなる三塁の守備を無難にこなすばかりではなく、この人ならではの存在感も示す。先発・石田が足にアクシデントを抱えて、突如制球を乱した四回。ボールが大きく外れるたびにマウンドに一声かけていたのは筒香だった。石田は「三塁からうるさいくらいに声をかけてくれて力になった」と頭を下げた。

何番を打とうと、どこを守ろうと、どっしりと構える存在感は頼もしい限り。8月は7本塁打とペースを上げ、「まだまだチームのために打ちたい」。球界を代表する主砲にとって200号は一つの通過点にすぎない。

(木村慧)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 オリックスに勝利し、タッチを交わす森(左端)らソフトバンクナイン=共同

 ソフトバンクは終盤に1点差まで追い上げられたが、辛くも逃げ切った。八回2死三塁のピンチをしのぎ、九回もしっかり締めた抑えの森は今季35セーブ目。楽天・松井とのタイトル争いには目もくれず、「僕の記録な …続き (22日 22:43)

7月5日のDeNA戦で3ランを放ち、「丸ポーズ」でナインに迎えられる巨人・丸。チームにも溶け込んだ=共同

 巨人が21日、横浜スタジアムでのDeNA戦に勝って37度目のセ・リーグ優勝を決めた。5年ぶりの王座奪回を果たしたチームで「優勝請負人」の期待に応えたのが丸だ。フリーエージェント(FA)移籍1年目の今 …続き (22日 19:31)

6回ソフトバンク無死一塁、柳田が右中間に適時三塁打を放つ(22日、京セラドーム)=共同

【ソフトバンク6―5オリックス】ソフトバンクは明石の先頭打者本塁打、柳田の適時打で一回に2点を先取。 …続き (22日 22:07更新)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。