IT・金融株から資金流出
食品、医薬品は逆行高

2019/8/17 21:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

軒並み安となった世界の株式相場。個別銘柄の動きをみると、リスク回避のムードがより鮮明になる。

7月末比の時価総額の減少幅で世界の主要銘柄をランキングすると、IT(情報技術)や金融が上位に並んだ。中国ネットサービスの騰訊控股(テンセント)の時価総額は2週間で約500億ドル(5兆3200億円)減少。米国勢ではアマゾン・ドット・コムやシスコシステムズ、フェイスブックなどが時価総額を大きく減らした。これ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]