/

この記事は会員限定です

米、台湾にF16売却へ 中台の軍事バランスに影響も

[有料会員限定]

【台北=伊原健作、ワシントン=中村亮】トランプ米政権が台湾にF16戦闘機を売却する方針を固めた。戦闘機の売却は27年ぶり。台湾への圧力を強める中国をけん制する狙いがあるが、中台間の軍事バランスに大きく影響する可能性がある。習近平(シー・ジンピン)指導部は「中国の主権と安全保障上の利益を損なう。断固反対する」と猛反発している。

複数の米議会関係者が売却について「既に政府から非公式の通知を受けた」と明かした。米メディアによると、売却するのは新型の「F16V」66機。売却総額は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り855文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン