2019年9月21日(土)

究極の在宅勤務で生産性向上 12万人が営業支援

コラム(ビジネス)
2019/8/24 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本人の働き方が大きく変わり始め、IT(情報技術)の進化がその流れを加速している。子育てなどでいったん離職した主婦や引退したシニアが、在宅での短時間勤務を希望する一方、新興企業や地方企業は営業部門の人手不足に悩んでいる。こうしたミスマッチを解消した新しい営業・販売スタイルの構築が始まっている。仕事に不可欠な会議や打ち合わせもITで効率化するなど、令和の新しい時代にふさわしい働き方が広がっている。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。