ファミレス「おひとり席」拡充 ついたてなど視線配慮
ガストや大戸屋

2019/8/17 11:30
保存
共有
印刷
その他

一人用に用意されたボックス席(東京都港区のガスト新橋店)

一人用に用意されたボックス席(東京都港区のガスト新橋店)

外食各社が「お一人様」の取り込みに本腰を入れる。ファミリーレストラン「ガスト」は、席の両側についたてを配置し、電源を備えた1人席を拡大する。定食店「大戸屋ごはん処」は1人でも快適に食事できる新型店を開業した。単身世帯の増加が続くなか、従来はファミリー層の利用が多かった飲食店でも「個客」の取り込みが急務になっている。

「ガスト 赤坂見附店」(東京・港)はこのほど、5席だった1人席を20席超に大幅に増やした。他人の視線を気にせずに済むように、席の間についたてを設置。コンセントも用意し、充電しながらスマートフォンを操作したり、パソコンを使ったりできる。

ガストを展開するすかいらーくホールディングス(HD)では2018年から1人席を増やす改装を20店超で実施。今後も増やす計画だ。作業や休憩といった食事以外にも使いやすい空間にして来店の機会を増やす。

大戸屋HDが6月に全面改装した町田東口店(東京都町田市)では1人用席を19席と約2倍にした。ロングテーブルは座る位置や高さをずらし、正面に座っても視線が合わないようにした。実際に女性などの1人客が増え、客数は1割超伸びた。反応を見ながら他店舗への展開も検討する。

焼き肉やステーキでも1人向けの業態が人気を集めている。ダイニングイノベーション(東京・渋谷)が18年夏にJR新橋駅近くに開いた「焼肉ライク」は、1席に1つずつ無煙ロースターを設置。1000円程度で焼き肉が楽しめる。7月までに9店を開業した。

松屋フーズHDも3月、店内の23席がすべてカウンター席のステーキ店をオープンした。

ファミレスや焼き肉など家族層の利用が多かった飲食チェーンが「個客」向けの店舗を増やしているのは、単身世帯の需要を取り込むためだ。国立社会保障・人口問題研究所によると、20年の総世帯数のうち単身世帯は36%となる見通しで、今後も増加するとみられている。

単身世帯は総菜などの中食や外食を利用する機会が多い。調査会社のNPDジャパン(東京・港)によると、1人当たりの中食や外食支出は2人以上の世帯の1.5倍になっているという。ファミリー客と比べて注文数は落ちるものの、店舗での滞在時間が短い。回転率などを高めて客数を増やせば店舗の売り上げ増加にもつながりそうだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]