/

JX石油開発、北海マリナー油田で生産開始

JX石油開発は16日、英国・北海にあるマリナー油田で原油の生産を始めたと発表した。同社は2012年に同油田の権益を取得。生産量は日量5.5万バレルが見込まれ、JX石油開発の権益比率は20%。権益ベースの生産量は日量1.1万バレルと、同社全体の原油・天然ガスの生産量の約1割に匹敵する見込みだ。生産期間は30年間を計画しており、事業基盤の強化につなげる考えだ。

同社は北海で油田やガス田の権益を売却するなど資産の見直しを進めてきたが、6月にカリーンガス田で天然ガスの生産が始まるなど、19年に入って新規のプロジェクトが相次いでいる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン