/

この記事は会員限定です

事業再生中の中小向け緩和 銀行への規制緩和 公取委指針

[有料会員限定]

公正取引委員会は事業再生中の中小企業への銀行の出資について、規制を緩和するための指針の改正案をまとめた。議決権の保有を5%に限るルールに関し、例外的に適用除外とする期間を現行の2倍の10年間に延ばす。地銀などが地方の中小企業を継続的に支援できるようにする。

独占禁止法では原則、銀行が他の企業の株式を議決権の5%を超えて保有することを認めていない。銀行への事業の集中防止や競争環境の確保のためだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り320文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン