2019年9月18日(水)

松山で俳句甲子園が開幕 29校32チーム参加

2019/8/16 19:20
保存
共有
印刷
その他

高校生がチーム戦で俳句の出来栄えや鑑賞力を競う「第22回俳句甲子園全国大会」が16日、松山市で開幕した。全国120チームの中から地方予選を勝ち抜いた22都道府県29校の32チームが参加する。同日は予選リーグの組み合わせ抽選会とウエルカムパーティーが開かれ、出場する高校生らが親交を深めた。

高校生を激励する審査委員長の夏井いつきさん(ステージ中央)ら(16日、松山市)

組み合わせ抽選に臨む愛媛県立今治西高校の生徒ら(16日、松山市)

予選は17日に松山市中心部の大街道商店街の特設会場で、決勝リーグは18日に松山市総合コミュニティセンターで実施する。1チーム5人の対抗戦。「夏の月」「冷蔵庫」「毛虫」など兼題に沿った句を披露し、批評し合う。句の出来栄えや質疑応答の内容を点数化し勝敗を決める。

2018年は山口県立徳山高校が初優勝した。俳人の夏井いつきさんらが審査委員長として参加する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。