/

この記事は会員限定です

フードバンクで食品ロス削減 ローソン・モスが寄付

[有料会員限定]

まだ食べられる食品を廃棄する食品ロスを減らそうと、余る食材を必要な家庭などに橋渡しする「フードバンク」を活用する企業が増えてきた。肥料に再利用するより食べ物として有効利用できるためだ。コンビニエンスストアのローソンなどは8月から食品の寄付を開始。企業が取り組みに力を入れるのは、企業の環境対策などを重視するESG投資が普及してきたことも背景にある。

環境省によると、2016年度の食品ロス量は事業者から出るも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1402文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン